• MIKI

中古マンション購入時の初期費用から購入後の費用まで

【中古マンション購入時の費用1】初期費用



1.手付金(物件購入代金の10%程度) 売買契約時に支払います。

駅に近い、間取りが使いやすい、リノベーション済で室内がきれいであるなど条件の良い中古マンションは、売りに出た途端に買主が現れることもしばしばです。


他の買主よりも先に良い物件を押さえるためには、仲介業者に購入の意志をはっきりと伝えて売主と契約を結び「手付金」を支払いましょう。

手付金は、中古マンションの購入代金の一部を先払いするものですが、一般的に「解約手付」として契約書に記載がされます。

契約を解除する場合はこの手付金を放棄すれば解約が可能です。

売買契約後、売主が履行の着手をするまでに買主の都合で解約ができますが、返金はされないので注意しましょう。 2.初期の諸費用 売買契約時にかかる諸費用は、次の2つです。 ・印紙税 国に納める税金です。手付金の金額ではなく、物件購入代金の全額に対してかかります。例えば、購入代金が1,000万円超5,000万円以下ですと1万円の税額です。 ・仲介手数料の半金(購入代金(税抜)の3.24%+6.48万円を上限とする金額の半金) 不動産会社が売主と買主の間を仲介している場合は、仲介手数料がかかります。売買契約時と、物件引き渡し前の残金決済時に半金ずつ支払うケースがほとんどです。仲介手数料には、消費税がかかります。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 

092-791-3131

©2020 by グランベルコーポレーション。Wix.com で作成されました。